Monthly Archive: 11月 2017

新しい車に購入し直す時、今まで使用してきた自動車は専属の販

自分以外、たとえば家族や親類名義の車であろうと、売却のための

新しい車に購入し直す時、今まで使用してきた自動車は専属の販売店で下取りしてもらう方がたくさんいると思います。

でも、専属の販売店での調査では製造年と走行した距離で決められてしまう場合が大部分ですから、中古車市場で評判がある自動車でも、そんなに高いお金の査定は期待することはできないでしょう。 (さらに…)

古い年式のものや状態の悪い車の処分を考えた場合、残念な

インターネットで車の査定をしようと業

古い年式のものや状態の悪い車の処分を考えた場合、残念ながら査定額がつかない場合ももちろんあります。

例えば、需要が少なく10年以上乗った車や走行距離が10万キロを超えてしまっているもの、また、改造車や著しい劣化が見られるもの、動かない故障車や事故車などは値段をつけてもらえないことが多いようです。 (さらに…)

過失割合10、ゼロで自己相手に非がある追突事故で、車に損傷が

車を売却した場合に、買取トラブルが

過失割合10、ゼロで自己相手に非がある追突事故で、車に損傷が生じた場合、それはそれでつらいですが、あとでディーラーの下取りや中古車買取に出す際は事故車扱いになりますから、事故歴がない車と比べて査定額が極端に下がることも予想されます。原因となった事故の相手にこの損失について補償を求めるとなると、まさにケースバイケースで、どのような判定になるかはわかりません。 (さらに…)